日曜禅門 » (31)~

カテゴリー'(31)~'

33..
峨眉山月半輪秋
(がびさんげつ はんりんのあき)

一昨年秋 一日 野良仕事で過ごし ふと見上げると上弦の月(半月)が美しく輝いていました。秋の月と言えば “満月” が思い浮かび円かにくっきりと描くものだと思っていましたので 一寸した衝撃でした。
さっそく半月を読んだ詩を探して辿り着いたのが”李白”でした。

峨眉山月
李白「峨眉山月歌」

峨眉山月半輪秋
 峨眉山月(がびさんげつ) 半輪の秋
影入平羌江水流
 影は 平羌江(へいきょうこう)の水に入って流る
夜発清渓向三峡
 夜 清渓(せいけい)を発し三峡(さんきょう)に向かう
思君不見下渝州
 君を思えども見えず 渝州(ゆしゅう)に下る

この詩は青年李白が志を立て故郷を去って諸国遍歴に出る旅立ちの船中で詠んだそうです。
旅の第一夜は、清渓の桟橋を出て渝州を経て三峡に向かう平羌江の船旅です

出航は故郷の秋、見慣れた峨眉山に半分に切り取られた月が美しく輝いて掛かっていた・・・
船は渝州に向かって下っているけれど・・・

—ここからはいろいろ想像してしまいます。—

“君”とは”月”でしょうか
  雲か濃霧か深い渓谷の壁か?・・
  いつの間にか月が見えなくなってしまった。
  いや見えているけど峨眉山の半輪とは何処か違う!

“君”は恋人か友人かもしれない!
  もう一言話しておきたかった・・

旅の経路を並べて作られたこの詩は青年李白の詩仙たる力量を秘めた傑作とのこと。

そんな大それた力量など持ち合わせていないけれど・・
半輪の月を美しく感じる事が出来た彪さん を”これで良し”としておきます。

「峨眉山月歌」・・・・第9回京都全日本水墨画・俳画・文人画秀作展

・・・・・・平成30年12月23日


32..
江月照松風吹
(こうげつてらし しょうふうふく)

今年も中秋を過ぎました。雨模様ではありましたが美しい月を愛でることが出来ました。そこで 遅ればせながら月をテーマに描いた絵を掲載することにしました。一昨年の秋(H26)の作品です。

江月松風
月で思い出すのは 寒山詩 ”吾心似秋月・・・” と この禅語 ”江月照松風吹” でした。

江月照松風吹
江月(こうげつ)照らし 松風(しょうふう)吹く
永夜清宵何所為
永夜(えいや)の清宵(せいしょう)何の所為(しょい)ぞ

徳源禅寺直心会(じきしんかい)に通い始めたときに瑞雲軒老大師が居士向けに提唱してくださっていた「証道歌」の中の一節です。
まだ坐禅のしかたや作法など身につく前でしたので足の痛いのを苦痛に思いながら なんとなく「美しい詞だなあ」と思って聞いていました。

ところで、日本では「雨月物語」の「青頭巾」にこの詞がでてきますね。
快庵禅師という高僧が 心を病んで人喰いとなった僧に ”この詞を唱えながらよく考えて見よ” と諭します。
禅師が一年後再訪した時、僧は禅師の与えた青頭巾をかぶり小声で「江月照らし・・」と唱え続けていました。そこで禅師が柱杖で一撃すると青頭巾と白骨のみが残っていた。
と言う物語です。

月は美しく水に映りたいなどとは考えていないでしょう。
水面も美しく月を映すように揺れようなどとは思っていないでしょう。
松は風を 風は松を意識して吹き吹かれているわけではないでしょう。
夜は自ら清宵であろうとしているのでしょうか。 何れも何かの所為を持っていて・・・・とは思えません。

物の本によると
「すりあげた悟後の妙境界。悟りの臭みも無くなった妙處。天眞の妙消息」『禅林句集』
あるいは「それは何の為でもなく唯天然自然にそうなのである」と解説されています。

難しいです。
せめて ”清宵を清宵と受け取れる” そんな彪さんでありたいです。

「江月松風」・・・・第7回京都全日本水墨画・俳画・文人画秀作展

・・・・・・平成28年9月23日


31..
和顔愛語
(わがんあいご)
一昨年(平成26年)の春 久しぶりに布袋さんを描きたくなって筆を取ったのですが 投稿する機会を失っていました。
和顔愛語 わがん あいご
言い尽くされ語り尽くされた言葉ですが やはり実践の難しく難度の高いことばですね。

和顔布袋
讃には 見よう見まねで作った自作の語を添えました。

常携嚢中無一物
常携(じょうけい)嚢中(のうちゅう)無一物
唯在湧和無尽蔵
唯あり湧和の無尽蔵(むじんぞう)

布袋さん 何時も大きな袋をお持ちです。
中身は・・・何も入っていないけど
”和み”だけが湧き出して尽きることがありません。

ところで 我が日本には 越後出雲崎良寛さん「愛語」がありますね。
彪さんはもう何年も拝見していません。 もう一度 拝読しておきたいと思います。

「和顔愛語」・・・・第6回京都全日本水墨画・俳画・文人画秀作展

・・・・・・平成28年3月13日

_ _ _ _