11.
龍吟雲起(りゅう ぎんずれば くも おこる)
驪龍玩珠 (りりょう たまを もてあそぶ)
西暦2000年 平成12年 辰の年が来ました。 龍と言えばまずこの語が出て来ます。
「龍吟雲起」
この語に始めて触れたのは24年前、徳源禅寺瑞雲軒老大師の書初めでした。
まだ 坐禅をはじめて間の無い彪さんには
  「この語の示すような迫力が身についたらなぁ」
と衝撃的に響いてきたことを覚えています。
そして今年は江松軒老大師が墨跡カレンダーに発表されたものを見せて頂いています。

「驪龍玩珠」
こちらは 優れた禅者の見事な働きを称える時 などに使われています。
想像上の動物とは言え 龍 には如何にも実在しそうな 真実味があります。
普段は深い淵に隠れ棲み・・・
ひとたび 姿を現せば たちまち雲を呼び・・・
ひと声 唸れば雲 渦を巻く・・・
玉 を掴むや 弄ぶこと 真に自在闊達 ・・・・
もう 誰も近寄ることが出来ません。
龍 現れれば雲湧き 雲 湧き上がれば龍躍り出る。
雲と龍 一体となって玉を弄します。
人もそのような働きをしてみたいものですね

「龍吟雲起」「驪龍玩珠」 夢であっても追っかけてみたい夢であります。

・・・平成12年1月2日