23.
種瓜得瓜種豆得豆
(ウリを種{う}えてウリをえ、豆を種えて豆をえる)
これまで自己流で画を描いてきましたが 少しは基本を習得しておこうと思い4月からC大学のオープンカレッジで水墨画を習うことにしました。
アラセブンになってからの学生気分が新鮮で週一回の教室を楽しんでいます。
さて、この語は教室の鄒涛先生がその作品集の結びに書かれていたものです。先生によれば 中国の古人の言葉だそうです。

「種瓜得瓜・・・」 瓜の種を植えて瓜を収穫し、豆を植えて豆を得る。
当たり前ですが、瓜がほしければ瓜の種を撒き 豆がほしければ豆を植える。
目標を決めたらそれに叶う準備をし努力をすることが必要であることを端的に言っている言葉ですね。
さすが漢字の国、簡潔でありながら示唆に富んだ語だなぁ~と感心しました。そして反省もしきりです。
明確な目標、それに対する準備、十分な取り組み・・・果たしてして来ただろうか??

あきらめずに続けろ! ネヴァーギヴアップ!!
夢は必ず実現する!!

ところで・・瓜の種から豆は出来ないし、豆の枝に瓜は生らないのですが・・
鄒涛先生は こんなことを言ってみえます。

 「種瓜得豆」  ・・瓜を得ようとして色々やってきたが 豆が得られた。
  それでも好いじゃないですか!! そうでしょ!!

う~ん これも納得できます。波乱万丈の人生の秀でた見識の一つですね。

・・・篆刻をしてみました。・・・・平成21年7月7日