縁あって親しんだ”禅”
それを足場として生きていたい。
そんな中の由無しごとを少しだけ紹介したいと思います。・・・・・「折々の言葉」に託して・・・・・・・・・

enso1-2